北海道でははじめての墓石、デザイン仏壇、お手元供養、のトータルショップです。新しい時代の新しい祈りのカタチがあります。

石材

札幌軟石修復のお墓

2010年11月19日 14:37
先日、途中経過をお知らせした札幌軟石で修復する

お墓が完成しました。

お墓本体はもともと御影石だったのですが、

年数が経っているので、その雰囲気に合うのは

既存の外柵の石材を利用して

足りない部分を札幌軟石を併用し

リフォームいたしました。

新しい外柵なのに落ち着きのある仕上がりとなり

とってもいい感じに仕上がったと思います。

今後も、地元の石を活用したリフォームをご提案して

いきたいと思います。

ありがとうございます。

DSC_5246
自社工場で加工中です。

DSC_5510
DSC_5508




│ 石材 | 札幌 │ Comment(0) │ Trackback(0)

澄んだ宝石のよう

2010年08月20日 08:06
インド産最高級の黒御影石「クンナム」です。

見ると宝石のように綺麗です。

黒御影石も種類が本当にたくさんありますが、

クンナムの石目を近くでよく見ると

透明感があり石の魅力を感じます。

写真のお墓は和型タイプで、尺8寸(550)角の

竿石(拝み石)のお墓です。

お客様はご先祖様が長野の諏訪地方ということで

黒御影石を選択した一つの理由が

ご先祖様のお墓も黒御影石でつくられていることも

ひとつの大きな理由のようです。

いよいよ来週から少しずつ工事に取り掛かっていきます。

クンナム上下蓮華2
クンナム上下蓮華1




│ 墓石 | 石材 │ Comment(1) │ Trackback(0)

黒御影石の魅力

2010年07月23日 08:54
まるで鏡のようにとっても美しい黒御影石

この石を墓石に使用する地域は

日本国内でも意外に地域が限定されているようです。

日本では東北地方や長野方面などで使われるようです。

北海道では、先住民族のアイヌの方々以外は、

先祖が内地から(本州方面)来ている方々が大多数ですので、

内地の出所によっては、黒御影石をお墓に

使用する方々や、まったく好みで黒御影石を使用する

お客様もおります。

今回は、黒御影石のことについて少し書かせて頂きます。

黒御影石原石

黒御影石の原石

一般の人が見ると黒く見えないのでわからないかもしれません。

黒御影石石合わせ

石目・色合わせ

同じ産地の同じ銘柄の石でも(黒御影石も多数種類があります)
石目や色が微妙に違うので、原石の一部をとって磨き
色合わせの作業が欠かせません。

黒御影石加工中

石加工中

黒御影石手磨き

石磨き中(手作業)
8工程の丁寧な磨き作業を経て、黒御影石本来の艶がのります。

黒御影石製品上蓮華

できた上蓮華(お墓の一部分)

黒御影石にもグレード別に多数種類があります。

自然の石なので、品質の比較的良い黒御影石ではありますが、

建立後の経年変化には違いがあります。

お客様が黒御影石を選ぶポイントは、

1.サンプルの石だけで判断しないこと。

2.同じ石種の建立後5年以上の状態を確認すること。

3.老舗の石やさん(長年石の変化を見ているから)で、

  かつ信頼のおける地域の石やさんにまずお尋ねすること。

高価格高品質ということは必ずしも言えないのが

石材ですが、黒御影石に関しては

やはり良い石質の石は、比較的高価格帯が多いようです。





│ 石材 | 墓石 │ Comment(1)

店舗で生石を・・・

2010年05月17日 15:27
室内展示場の展示墓石の入れ替えは

結構大変なんです。

当店の室内の天井があまり高くないために

クレーンが使えないので、

入れ替え作業は、あゆみ板を使用し

生手で石を転がしたり、持ち上げたりで

人海戦術です。

最近は、クレーンがいいので現場作業は

ほとんどクレーンを使用する作業なので、

たまには生手作業もいいもんですね。

大きな石を動かすコツを忘れないことも

大切ですね。
CIMG0062


│ 石材 | 墓石 │ Comment(0) │ Trackback(0)

布袋さん

2010年04月24日 10:46
北海道はまだ寒い日が多くて天候が不順ですね。

今回は昭和中期くらいに祖父が造った布袋さんが

当社の本店に看板神様として長年シンボルとして

お立ちになっていただいております。

北海道滝川市民の多くの道行く市民の皆さまに

大きなお腹を触っていただいております( ´∀`)つ

しかし、布袋さんの体は札幌軟石という凝灰岩という

石で造られているために、石が御影石に較べると

やわらかく吸水性がいいために、風化してきて

ひびが入ってきておりました。

布袋さん修復


ということで、急きょオペをしました。

とりあえず、オペは成功し

こんな感じとなりました。

布袋さん修復後


今後も大切に見守っていきたいと思います。

北海道にはこのような札幌軟石の石像や石蔵が

たくさんあるので、

北海道の歴史と思いが詰まった石像を

皆さまもあきらめずに修復する道もあります。

御用の際は、是非修復のアドバイスをさせていただきたいと

思います。



│ 石材 | 店舗 │ Comment(0) │ Trackback(0)

石山緑地

2009年04月15日 09:54
 石山緑地に行ってきました。

なんと初めてだったのですから、自分でも驚きです。

普段から行きたいと思っていても、

行くと自分が決めないとなかなか、身近なことでも

行けない・できないものですね。

北海道の礎を造ってきたと言っても、過言でないほど、

この石は、北海道各地、様々な用途に使われてきています。

今は、内地や・外国産の石に押されて

激減してしまっていることは、とても残念なことです。

やはり現在、お墓で一般的に使用される御影石よりも

石山の札幌軟石は、風化が早いというのが、欠点では

ありますが、風合いの良さや、部分修復がしやすい

などのメリットもあるのですよね。

これが、外国産御影石だと、極端な話国交断絶?みたいに

なってしまったりすると、同じ種類での修復が不可能になり

すべて取り替えということになってしまい、

それまでの思い出もすべてなくなってしまうのですよね。

ここの公園は札幌から支笏湖方面に行く道の、

ちっちゃな看板(ほとんどの人が見落とすと思います)が

目印です。

本当に、過去の歴史を未来へ継承するすごい公園です。

石山緑地
石山緑地道


│ 石材 | アート │ Comment(0) │ Trackback(0)

2008年ありがとう

2008年12月31日 06:45
b43c8abe.jpg 2008年も本日で終わり、明日から2009年の始まりです。

北海道もすっかり雪で真っ白な世界となりました。

いくつになっても、子供たちに夢を与えられるような

生き方を目指し、

2009年は、新しいチャレンジの年です。

日本の未来につながるお墓づくりに、より精進していきたいと

思っております。

ありがとうございます。



│ 墓石 | 石材 │ Comment(2) │ Trackback(0)

営業から職人に転身?

2008年11月02日 09:23
 北海道新十津川の吉野小学校の閉校記念碑を

先週1週間かけて、当社人員を総動員し据付工事を

してきました。

もちろん私もゴムハンマーをたたきまくりました。

この閉校記念碑は、少し変り種で

札幌駅のシンボル的な「星の降る時計」や

東京ミッドタウンの彫刻のデザイナーである

五十嵐威暢氏のデザインで製作しております。


写真は、以前は当社の癸欧凌人でしたが、

十年ほど前より、きっぱりと営業に転身し

当社のトップ営業マンとして活躍しております。

今回は、「五十嵐先生の考えなどを見たら?」

という、私の一言で現場にネクタイのまま参加し、

結果、一生懸命に石張り作業をやってもらうことと

なりました。お疲れ様です。

ちなみに、閉校記念碑としては、ありえない感じの

モニュメントは、11月9日が閉校式典なので、

それ以降に、ブログにてご紹介いたします。

よしの小佐藤さん石張り

│ 石材 | 石材店 │ Comment(489) │ Trackback(0)

文字彫り

2008年10月25日 13:10
1411b9c6.jpg いよいよ来週より、閉校記念碑を据付に入ります。

その工場での最終段階です。

サンドブラストという、特殊な字彫り用の砂を

吹きつけなながら、文字を彫り、細かいところを

手彫りで仕上げています。

今回は、文字が小さめなので、かなりの細かな作業

でしたが、仕上がりが楽しみです。

11月9日が式典なので、それ以降に

ブログにアップしたいと思います。



│ 石材 │ Comment(0) │ Trackback(0)

原石も磨けば綺麗な石となる

2008年09月30日 11:28
 お客様が30年前くらいに、十勝方面で拾ってきた石を、

切って磨いて欲しいと頼まれたので、やってみました。

黒曜石(石器時代の槍先などに使われた石)

ということは、知っていたので、綺麗にはなるだろうと

思いましたが、思った以上に綺麗な石でした。

原石と磨いた石の比較です。

黒曜石原石黒曜石磨き

│ 石材 | アート │ Comment(1) │ Trackback(0)
プロフィール
山崎石材店は北海道を代表する
石材店として滝川で歴史を刻んでいます。

道内最大級の墓石・仏壇・手元供養の総合展示場で、お客様の想いを大切にしたお墓づくりを提案してまいります。

■ ショールーム
  TEL : 0125-23-2708
  FAX : 0125-23-2888

■ 工場
  TEL&FAX : 0125-23-7108

■ 花月本店
  TEL : 0125-23-2979

■ 札幌オフィス
  TEL : 011-200-7107
  FAX : 011-802-7938

最新コメント

全優石認定

TEL:0120-148-230 E-mail:info@e-sihi.jp